ともり

スポンサーリンク

龍神池の小さな死体/梶龍雄

ミステリ 本の感想
国内ミステリ
ツイッターで何度も名前を見かけ、ミステリ読みの仲間からも面白い聞いていたものの、古書価格が高騰して半ばあきらめていた幻のミステリ『龍神池の小さな死体』。トクマの特選レーベルで復刊となりようやく読むことができました。 ネタバレなし感想...

【感想】言語が違えば、世界も違って見えるわけ/ガイ・ドイッチャー

本の感想
新書
私が見ている世界は、他の人が見ている世界と違うのではないか? 人が世界を認識してそれを表現する手法の一つである言語は、人の認知を映し出す鏡のようなもの。 タイトルの通り、「言語が違えば世界も違って見える」なんて本当? 先...

【感想】哲学の先生と人生の話をしよう/國分功一郎

本の感想
新書
タイトルの通り、哲学者である國分功一郎先生がさまざまな人の人生相談に答える本です。 この本を読み終わったときにふと、哲学者探偵という言葉が浮かびました。 とある哲学者探偵の推理 とあるところに、哲学を探求する探偵がいまし...

2021年に読んだミステリベスト10

ミステリ
ミステリ
2021年も終わりですね。年末バラエティと紅白歌合戦を行ったり来たりしながらこの記事を書いています。 2021年は、私も所属するシャカミス(社会人ミステリ研究会)が本格ミステリランキングの投票権をいただいたこともあって、新刊をいつも...

【感想】悪人狩り/麻耶雄嵩

ミステリ 本の感想
銘 特にすぐれた物品につける特定の名。「銘を付ける」銘/ 銘探偵 特に優れた探偵であること。探偵を代表する呼称。 byともり 前作の『メルカトルかく語りき』から10年。ついに待ちに待った、銘探偵メルカトルシリーズの...

【GCP】VMインスタンスのマシンタイプ変更

GCP
ブログ運用
GCP(Google Cloud Platform)上で運用している本ブログ。 先日、GCPから9月分の請求が届きました。 今月も数円かな~と請求額を確認すると、なんと466円の支払いが発生している! えっ、と思い原因を...

Google Cloud PlatformのAlwaysFreeは本当に無料で使えるのか(1年間の運用結果報告)

GCP WordPress
ブログ運用
GCP(Google Cloud Platform)上で運用している本ブログ。 GCPのお試しとして無料で使えるAlways Freeの範囲で環境構築しています。 ブログを始めて1年ちょい。その運用にかかった費用を公開します。...

【感想】衣裳戸棚の女/ピーター・アントニイ

ミステリ 本の感想
ピーター・アントニイ
衣装戸棚の女、ピーター・アントニイの感想。ネタバレなしです。 あらすじ 七月のある朝少し前、長身巨漢の名探偵ヴェリティはけしからぬ光景に遭遇した。町のホテルの二階の一室の窓から男が現われ、隣室の窓へ忍びこんで行ったのだ。支配人...

憂鬱と哲学(後編)

わたし 本の感想
日常
前回のおさらい ときどきやってくる憂鬱の正体が知りたい。 はい、前回の記事では、何かと人生についての悩み事が多くなる20代後半から30代前半、わたしと同年代に向けて、ソクラテスの哲学をご紹介しました。 ソクラ...

【感想】紅蓮館の殺人/阿津川辰海

ミステリ 本の感想
国内ミステリ
紅蓮館の殺人の感想です。(途中からネタバレあり) 著者の阿津川辰海は1994年生まれの東大ミス研出身。2017年デビューの若手作家。現在27歳。これまで、最新作の「蒼海館の殺人」を含めて4作の長編と1冊の短編集を出版しています。1年...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました